top of page

[Chisel]繰り返しを途中で抜ける


やりたいこと

  • 同種のモジュールが複数ある

  • これらのうち、所定の条件を満たすものを1つ選択


これを実現するために

  • モジュール一覧を配列で定義

  • Seq.tabulateでモジュール配列に対してループを回す

  • 1つ1つ条件を満たすかチェック

  • 満たせばそれを選択し、ループ終了


という高級言語では一般的なことをやろうとした

しかし、chiselの文法ではループを回せてもそれを途中で抜ける(いわゆるbreak)、ということができない



対応策

結論から言うと、「ループを途中で抜ける」ということはできない。

★を実現したければ最後までループを回すしかない。


「それじゃ効率悪いじゃん」と思ったが、これはソフトウェアで考えているからで、ハードウェア的に考えられていないから。


★のシチュエーションに限っていえば、この探索は複数のモジュールに対して並列して行われる、言い換えれば1つ1つ順番に行われるのではなく全部同時に行われる。

つまり「途中で抜ける」という概念はなく、いくつかに対しては条件チェックをしない、となる。これは別に処理が速くなるわけではないし、そもそも他のモジュールの結果を待ってから条件チェックをするのではない。



最後に

文法が高級言語に似ているからつい同じように考えてしまうが、「どのようにハードウェアを動かすか」を記述しているということをちゃんと意識しないとダメですね。

最新記事

すべて表示

[Chisel]Whenの中は必ず評価される

現象 配列がある インデックスを表す変数が配列のサイズ内かをチェックし、サイズ内の場合のみ要素にアクセス というよくあることをやろうとした val array = Seq.fill(ARRAY_SIZE)(...) when(i.U < ARRAY_SIZE){ array(i-1) := ... } すると下記のエラーが発生 java.lang.IndexOutOfBoundsExcepti

[Chisel] Queue.enq.valid vs deq.valid

概要 Queueを使ってデータのやり取りをする場合、以下のような操作が可能です。 Queue.io.enq.valid:falseにするとデータを入れない Queue.io.deq.valid:falseにするとデータを取り出さない これらの使い分けについてまとめてみます Queue.io.enq.valid これは「ある条件が満たされたらデータを入れない」という場合にfalseにします。そもそも

[Chisel]ポリモーフィズムは使わない

やりたいこと 類似したユニットが複数ある これらの処理は大部分が共通で一部のみ異なる 条件に応じて適切なユニットを1つ選び、処理を実行させる やろうとしたこと これを実現するために 親クラスを定義し、共通処理はここに記述 各ユニットは上記を継承する子クラスとして定義し、独自の処理はここに記述 どのユニットに処理を実行させるかを決定 「実行するユニット」を表す変数を定義。型は親クラス。 選ばれたユニ

Comments


あなたの買い物をサポートする
アプリ Shop Plan

iphone6.5p2.png

​いつ何を買うかの計画を立てられるアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

「後で読む」を忘れないアプリ ArticleReminder

気になった​Webサイトを登録し、指定時刻にリマインダを送れるアプリです

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png
bottom of page