top of page

[Chisel]Queueについて


はじめに

Chiselでデータの受け渡しにキューを使いたい場合のためにQueueクラス(そのまま)が用意されています。

その使い方について説明します。



基本的な使い方

定義

val buf = Module(new Queue(gen = new UInt, entries = 10))

genには受け渡されるデータの型のインスタンスを指定します。entriesにはキューに入るデータ数の上限を指定します。


入出力

io.enq.bitsに入力するデータを接続します。

buf.io.enq.bits := data

格納するタイミングでvalid、readyをtrueにします。

buf.io.enq.valid := true.B
buf.io.enq.ready := true.B

同様に、取り出す先にio.deq.bitsを接続し、valid、readyを設定します。

eXUnit.io.input := buf.io.deq.bits
buf.io.deq.valid := true.B
buf.io.deq.ready := true.B

実際はキューを使いたいというからには、「ある条件が満たされたらキューから取り出す」というようなことがしたいと思います。

例えば演算が終わったら次の指令を指令キューから取り出す、というようなことです。

このような場合、「条件信号」を定義し、readyに繋げばよいです。

var complete = Wire(Bool())
・・・ //演算が終了したらcomplete = true.Bになる
buf.io.deq.valid := complete

ここがソフト屋からするとちょっと分かりにくい部分で、「ある条件が満たされたらenq()メソッドを呼ぶ」のではなく、このように信号値で制御します。



参考

最新記事

すべて表示

[Chisel]Queueに入れたデータを取り出すのが1サイクル遅れる

現象 以下のような設計をしている IDステージがデコード結果の指令をQueueに入れる EXステージがQueueから指令を取り出し、実行 この時、最初の指令を1でQueueに入れて2で取り出すまでの間に1サイクル入ってしまう。 最初はEXステージは必ず空いているので、Queueに入ったそばから取り出したい 原因 これはQueueの仕様で、中身がない場合はdeq.validがfalseになって取り出

[Chisel]条件分岐について

はじめに chiselを書いていると、条件分岐として以下の文法が使えることを学びます。 if when Mux (MuxCase) これらはどのように使い分けたらいいのでしょうか? ifとwhen/Mux まずこれらは条件判定に用いる変数がscalaのBoolean型かchiselのBOOL型かが異なります。 if: scalaのBoolean型 when/Mux: chiselのBOOL型 つま

Comments


あなたの買い物をサポートする
アプリ Shop Plan

iphone6.5p2.png

​いつ何を買うかの計画を立てられるアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

「後で読む」を忘れないアプリ ArticleReminder

気になった​Webサイトを登録し、指定時刻にリマインダを送れるアプリです

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png
bottom of page