[Cloud Functions] 同じ関数を異なるfirebaseプロジェクトに適用する


概要


スマホアプリでfirebaseを使用している場合、開発用と本番用で異なるfirebaseプロジェクトを使用するかと思います。

cloud functionsを使用する場合、それぞれのプロジェクトに同じ関数を適用する方法を記します。



方法


※各プロジェクトはすでに作成済みという前提で進めます


エイリアスを使用することで、同じ関数を複数の異なるプロジェクトに適用できます(参考)。


1 エイリアスを追加


以下のコマンドでエイリアスを追加できます。

firebase use --add

適当なエイリアス(prod/devなど)に本番/開発用のプロジェクトを割り当てましょう。

なお、cloud functions開始時に選択したプロジェクトのエイリアスはdefaultになっています。


2 エイリアスを切り替え


以下のコマンドでエイリアスを切り替えます。(prodエイリアスの場合)

firebase use prod

この状態でfirebase deployすればprodエイリアスを割り当てたプロジェクトに関数がdeployされます。

最新記事

すべて表示

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png