top of page

FirebaseのGoogleSignInを使ったアプリをリリース後にすること


概要


スマホアプリでアカウント認証を行う際、firebaseのGoogleSignInを使用することも多いかと思います。ただし、GoogleSignInを使ったアプリをリリースした場合は必ずやらなければならないことがあります。



正式なSHA-1フィンガープリントを追加する


アプリがGoogle Playでリリースされると、アプリの正式なフィンガープリントが発行されます。これをfirebaseのプロジェクトに追加します。追加しないとサインインできません。


Android Studioでリリースビルドした場合のSHA-1とは別物なので、「リリースビルドではちゃんと動いていたのに、いざリリースしたらログインできない」という事態になってしまいます。



Google Play Consoleでの場所


ページ左側の「設定」→「アプリの完全性」でSHA-1フィンガープリントが見られるので、これをコピーします。




Firebaseのプロジェクトに追加


Firebaseのコンソール画面を開き、「プロジェクトの概要」の横の歯車ボタン→「プロジェクトを設定」をクリックします。出てきたページ下部の「フィンガープリントを追加」をクリックし、先ほどコピーしたSHA-1フィンガープリントを追加します。




最新記事

すべて表示

【Flutter/Dart】TextFieldで文字列をフォーマットする

やりたいこと TextFieldで入力フォームを作りたい。 例えば入力内容が金額の場合、3桁区切りで頭に¥を付けた表記にしたい。 ただしユーザにこれらを入力させるのではなく、ユーザはあくまで数字を入力するだけで、アプリ側で自動でフォーマットしたい。 方法 TextInputFormatterを継承し、所望のフォーマット処理を追加することで実現可能。 例えばこの記事などを参照。 以下は個人的に躓いた

【Flutter/Dart】iosシミュレータ起動後にデバイスに保存した画像が見つからない

現象 やってること iosシミュレータで画像をデバイスのローカルに保存 保存したパスをデータベースに保存 アプリ立ち上げ時にデータベースから画像パスを取得し、そのパスの画像を画面上に表示 起きている現象 iosシミュレータを再起動した場合、上記3で「ファイルパスが見つからない」というエラーが出る 原因 保存時のディレクトリを getApplicationDocumentsDirectory() に

【Flutter/dart】late変数が初期化されたかのチェック

やりたいこと 初期値さえ決まればあとは不変な変数がある ただし、コンストラクタ起動時にはまだ決定できない このような変数について late finalで変数を定義 (何らかのタイミングで)初期化されたかどうかをチェックし、されていなければ値を入れる(チェックしないとfinalに値を代入したエラーになるので) この場合、「初期化されたかどうか」はどのようにチェックしたらいいのか分からなかった nul

あなたの買い物をサポートする
アプリ Shop Plan

iphone6.5p2.png

​いつ何を買うかの計画を立てられるアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

「後で読む」を忘れないアプリ ArticleReminder

気になった​Webサイトを登録し、指定時刻にリマインダを送れるアプリです

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png
bottom of page