top of page

[Flutter/dart] 棒グラフを作成する


概要


アプリ内でユーザのデータを棒グラフで表示したい場合がありますよね。今回はflutterで棒グラフを作成する方法をご紹介します。



方法


charts_flutterというライブラリを使用します。(公式


インストール


pubsec.yamlに以下を追加してください。

charts_flutter: ^0.9.0

dartファイルの先頭に以下を追加してください。

import 'package:charts_flutter/flutter.dart' as charts;

charts_flutter内のColorというグラフの色を規定するクラス名が既存のColorと被るので、名前付きでimportすることをお勧めします。



グラフ用データの作成


以下のサンプルクラスをグラフ化します。

class SampleData{
  String name;
  int value;
  
  SampleData({this.name, this.value});
}

SampleDataのリストをグラフ用のデータに変換します。

Widget makeChart(List<SampleData> datas){

  List<charts.Color> _colors= 
                           [charts.ColorUtil.fromDartColor(Colors.red), 
                            charts.Color.fromHex(code: "#1976D2"),
                            charts.MaterialPalette.green.shadeDefault, 
                            charts.Color.black];

  List<charts.Series<SampleData, String>> _series=[
    charts.Series<SampleData, String>(
      id: "sample",
      data: datas,
      domainFn: (_sample, _)=> _sample.name,
      measureFn: (_sample, _)=> _sample.value,
      colorFn: (_sample, i)
        => i<_colors.length? _colors[i] : _colors[_colors.length-1]
    )
  ];

domainFnはx軸、measureFnはy軸の値を決めるメソッドです。1つ目の引数はSampleData、2つ目の引数はデータのインデックスです。

colorFnはグラフの色を決めるメソッドです。色の指定の仕方はColorクラスから変換、コードで指定、標準の色から選択、ができます。


chartの作成

//続き
  
  return Container(
    height: 400,
    child: charts.BarChart(
      _series,
      domainAxis: new charts.OrdinalAxisSpec(
        renderSpec: new charts.SmallTickRendererSpec(
          labelRotation: 45,  //1 ラベルを回転
          labelStyle: new charts.TextStyleSpec(  //2 ラベルのスタイル
              fontSize: 16
            ),
          )
        ),
      ),
    );
  }

上で作成した_seriesをcharts.BarChartの第1引数に渡します。

それ以降は軸ラベルの設定をしています。

1の部分ではx軸のラベル同士が重ならないように45°回転しています。

(おそらくバグだと思いますが、回転角を90°にすると高さが固定になってしまいます)

2の部分ではx軸ラベルの書式を設定しています。

他にも色々設定できるので公式を調べてみてください。


使用例


class MyHomePageState extends State<MyHomePage> {

  List<SampleData> datas;
  
  @override
  void initState() {
    datas=[
      SampleData(name: "Alice", value: 90),
      SampleData(name: "Bob", value: 85), 
      SampleData(name: "Charlie", value: 50),
      SampleData(name: "Daniel", value: 100)
    ];
  }

  @override
  Widget build(BuildContext context) {
    return Scaffold(
        appBar: AppBar(
          title: Text('demo'),
        ),
        body: Container(
          padding: const EdgeInsets.all(16),
          child: makeChart(datas),
        )
    );
  }
  
  Widget makeChart(List<SampleData> datas){
    //略
  }
}

以下のようなグラフができます!



最新記事

すべて表示

【Flutter/Dart】TextFieldで文字列をフォーマットする

やりたいこと TextFieldで入力フォームを作りたい。 例えば入力内容が金額の場合、3桁区切りで頭に¥を付けた表記にしたい。 ただしユーザにこれらを入力させるのではなく、ユーザはあくまで数字を入力するだけで、アプリ側で自動でフォーマットしたい。 方法 TextInputFormatterを継承し、所望のフォーマット処理を追加することで実現可能。 例えばこの記事などを参照。 以下は個人的に躓いた

【Flutter/Dart】iosシミュレータ起動後にデバイスに保存した画像が見つからない

現象 やってること iosシミュレータで画像をデバイスのローカルに保存 保存したパスをデータベースに保存 アプリ立ち上げ時にデータベースから画像パスを取得し、そのパスの画像を画面上に表示 起きている現象 iosシミュレータを再起動した場合、上記3で「ファイルパスが見つからない」というエラーが出る 原因 保存時のディレクトリを getApplicationDocumentsDirectory() に

【Flutter/dart】late変数が初期化されたかのチェック

やりたいこと 初期値さえ決まればあとは不変な変数がある ただし、コンストラクタ起動時にはまだ決定できない このような変数について late finalで変数を定義 (何らかのタイミングで)初期化されたかどうかをチェックし、されていなければ値を入れる(チェックしないとfinalに値を代入したエラーになるので) この場合、「初期化されたかどうか」はどのようにチェックしたらいいのか分からなかった nul

Comments


あなたの買い物をサポートする
アプリ Shop Plan

iphone6.5p2.png

​いつ何を買うかの計画を立てられるアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

「後で読む」を忘れないアプリ ArticleReminder

気になった​Webサイトを登録し、指定時刻にリマインダを送れるアプリです

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png
bottom of page