[Flutter/dart]画像の中心から外れた部分を切り抜く


概要


Flutterで画像を円形に切り抜く場合、CircleAvatorを使うかと思います。

CircleAvatorは画像全体が入るように円の半径と中心を決めますが、違う方法で切り抜きたい場合もあります。


例えば、人の写真を切り抜く場合、全身が入るように縮小するよりも、顔の部分だけを切り抜く方が見やすいですよね。

そこで、今回は、このように画像の中心から外れた部分を切り抜く方法を紹介します。


Widget _myImg(){

  return CircleAvatar(
    child: Image.asset('image/person.png',),
    backgroundColor: Colors.transparent,
    radius: 50,
  );
}
@override
Widget build(BuildContext context) {
  return Scaffold(
    appBar: AppBar(),
    body: Column(
      children: [
        const SizedBox(height: 32,),
        Center(
          child: _myImg()
        )
      ],
    ),
  );
}
CircleAvatorは、画像全体が含まれるように半径と中心が決められる

方法


ClipOvalを用います。

ClipOvalでは、切り抜く位置や大きさを自由に決められます。


まずは、CustomClipperを継承したクラス(ここではMyClipperとします)を作成します。

class MyClipper extends CustomClipper<Rect>{

  MyClipper();

  @override
  Rect getClip(Size size) {
    return Rect.fromCircle(
      center: Offset(size.width/2, size.width/2), 
      radius: size.width/2
    );
  }

  @override
  bool shouldReclip(covariant CustomClipper<Rect> oldClipper) {
    return false;
  }

}

CustomClipperを継承する時は、getClip()とshouldReclip()を実装する必要があります。


shouldReclip()は再度切り抜く必要があるかを指定します。ここでは常にfalseとしておきま

す。


getClip()が切り抜き方法を指定するメソッドです。引数sizeが元画像のサイズで、このメソッドの返り値で画像が切り抜かれます。

今回は縦長長方形の画像を、左辺、右辺、上辺と内接する円で切り抜くので、上記のような返り値になります。



次に、MyClipperのインスタンスをClipOvalのclipperプロパティに指定します。

これで、画像が切り抜かれます。

Widget _myImg(){

  return ClipOval(
    clipper: MyClipper(),
    child: Image.asset('image/person.png',),
  );
}



最後に


getClipで切り抜き範囲を決めるところが一番肝心なところです。内接円ぐらいならばそれほど苦労せず実装できるかと思います。


最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png