top of page

[Flutter/dart] ColumnやRowで残った領域に合わせてWidgetのサイズを変更する



概要


Flutterでアプリを作っていると、「ある大きさの決まったWidgetを配置し、残ったスペースに合わせてもう一つのWidgetを最大化して配置したい」という状況があります。

例えばページ最下部に広告を配置し、残った領域の中でSingleChildScrollViewで要素をスクロールさせる、といった状況などです。

このような場合の対応についてまとめます。



方法


ExpandedまたはFlexibleを使いましょう。

どちらも、RowやColumnの中で、それ以外のサイズの決まっているWidgetを除いた領域に合わせて子Widgetのサイズを変えてくれます。

下の例では、SizedBoxの高さを除いた高さをExpandedが確保し、Columnがその中に納まらない場合はスクロールして表示できます。


@override
Widget build(BuildContext context) {

  List<int> list=List.generate(20, (index) => index);

  return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('demo'),
      ),
      body: Container(
        padding: const EdgeInsets.all(16),
        child: Column(
          crossAxisAlignment: CrossAxisAlignment.center,
          children: [
            Expanded(  //ここ
              child: SingleChildScrollView(
                child: Column(
                  children: list.map((e) =>
                    ListTile(
                      title: Text(
                        e.toString(),
                        style: TextStyle(
                          fontSize: 18
                        ),
                      ),
                    )
                  ).toList(),
                ),
              )
            ),
            SizedBox(
              height: 80,
              child: Container(
                color: Colors.red,
              ),
            ),
          ],
        )
      )
  );
}



Expandedは残りの領域のサイズに合わせて子widgetを最大化しますが、Flexibleの場合は残りの領域内で子Widgetのサイズに合わせてサイズが最適化されます。

例えば、Row内にアイコン画像、文字列、時刻を、アイコン、時刻を配置して残った領域内に文字列を配置することを考えます。この時、Expandedを使うと、文字列が短い場合文字列と時刻との間に不自然に間が空いてしまいます。


Expandedを使った場合

@override
Widget build(BuildContext context) {

  return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('demo'),
      ),
      body: Container(
        padding: const EdgeInsets.all(16),
        child: Row(
          children: [
            Icon(Icons.brightness_1),
            Expanded(  //ここ
              child: Text(
                "abc",
                style: TextStyle(
                  fontSize: 18
                ),
              ),
            ),
            Text(
              '19:00',
              style: TextStyle(
                  fontSize: 18
              ),
            )
          ],
        )
      )
  );
}

Flexibleを使えば文字列のすぐ後ろに時刻を配置できます。


Flexibleを使った場合

@override
Widget build(BuildContext context) {

  return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('demo'),
      ),
      body: Container(
        padding: const EdgeInsets.all(16),
        child: Row(
          children: [
            Icon(Icons.brightness_1),
            Flexible(  //ここ
              child: Text(
                "abc",
                style: TextStyle(
                  fontSize: 18
                ),
              ),
            ),
            Text(
              '19:00',
              style: TextStyle(
                  fontSize: 18
              ),
            )
          ],
        )
      )
  );
}

ちなみにExpandedかFlexibleがないと文字列が長い場合に"RenderFlex overflowed ..."になってしまいます。Textにoverflowプロパティを設定するだけではだめです。



まとめ


残った領域で

・子Widgetを最大化 → Expanded

・子Widgetの大きさに合わせて可変 → Flexible

最新記事

すべて表示

【Flutter/Dart】TextFieldで文字列をフォーマットする

やりたいこと TextFieldで入力フォームを作りたい。 例えば入力内容が金額の場合、3桁区切りで頭に¥を付けた表記にしたい。 ただしユーザにこれらを入力させるのではなく、ユーザはあくまで数字を入力するだけで、アプリ側で自動でフォーマットしたい。 方法 TextInputFormatterを継承し、所望のフォーマット処理を追加することで実現可能。 例えばこの記事などを参照。 以下は個人的に躓いた

【Flutter/Dart】iosシミュレータ起動後にデバイスに保存した画像が見つからない

現象 やってること iosシミュレータで画像をデバイスのローカルに保存 保存したパスをデータベースに保存 アプリ立ち上げ時にデータベースから画像パスを取得し、そのパスの画像を画面上に表示 起きている現象 iosシミュレータを再起動した場合、上記3で「ファイルパスが見つからない」というエラーが出る 原因 保存時のディレクトリを getApplicationDocumentsDirectory() に

【Flutter/dart】late変数が初期化されたかのチェック

やりたいこと 初期値さえ決まればあとは不変な変数がある ただし、コンストラクタ起動時にはまだ決定できない このような変数について late finalで変数を定義 (何らかのタイミングで)初期化されたかどうかをチェックし、されていなければ値を入れる(チェックしないとfinalに値を代入したエラーになるので) この場合、「初期化されたかどうか」はどのようにチェックしたらいいのか分からなかった nul

Comments


あなたの買い物をサポートする
アプリ Shop Plan

iphone6.5p2.png

​いつ何を買うかの計画を立てられるアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

「後で読む」を忘れないアプリ ArticleReminder

気になった​Webサイトを登録し、指定時刻にリマインダを送れるアプリです

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png
bottom of page