[Flutter/dart] ColumnやRowで残った領域に合わせてWidgetのサイズを変更する



概要


Flutterでアプリを作っていると、「ある大きさの決まったWidgetを配置し、残ったスペースに合わせてもう一つのWidgetを最大化して配置したい」という状況があります。

例えばページ最下部に広告を配置し、残った領域の中でSingleChildScrollViewで要素をスクロールさせる、といった状況などです。

このような場合の対応についてまとめます。



方法


ExpandedまたはFlexibleを使いましょう。

どちらも、RowやColumnの中で、それ以外のサイズの決まっているWidgetを除いた領域に合わせて子Widgetのサイズを変えてくれます。

下の例では、SizedBoxの高さを除いた高さをExpandedが確保し、Columnがその中に納まらない場合はスクロールして表示できます。


@override
Widget build(BuildContext context) {

  List<int> list=List.generate(20, (index) => index);

  return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('demo'),
      ),
      body: Container(
        padding: const EdgeInsets.all(16),
        child: Column(
          crossAxisAlignment: CrossAxisAlignment.center,
          children: [
            Expanded(  //ここ
              child: SingleChildScrollView(
                child: Column(
                  children: list.map((e) =>
                    ListTile(
                      title: Text(
                        e.toString(),
                        style: TextStyle(
                          fontSize: 18
                        ),
                      ),
                    )
                  ).toList(),
                ),
              )
            ),
            SizedBox(
              height: 80,
              child: Container(
                color: Colors.red,
              ),
            ),
          ],
        )
      )
  );
}



Expandedは残りの領域のサイズに合わせて子widgetを最大化しますが、Flexibleの場合は残りの領域内で子Widgetのサイズに合わせてサイズが最適化されます。

例えば、Row内にアイコン画像、文字列、時刻を、アイコン、時刻を配置して残った領域内に文字列を配置することを考えます。この時、Expandedを使うと、文字列が短い場合文字列と時刻との間に不自然に間が空いてしまいます。


Expandedを使った場合

@override
Widget build(BuildContext context) {

  return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('demo'),
      ),
      body: Container(
        padding: const EdgeInsets.all(16),
        child: Row(
          children: [
            Icon(Icons.brightness_1),
            Expanded(  //ここ
              child: Text(
                "abc",
                style: TextStyle(
                  fontSize: 18
                ),
              ),
            ),
            Text(
              '19:00',
              style: TextStyle(
                  fontSize: 18
              ),
            )
          ],
        )
      )
  );
}

Flexibleを使えば文字列のすぐ後ろに時刻を配置できます。


Flexibleを使った場合

@override
Widget build(BuildContext context) {

  return Scaffold(
      appBar: AppBar(
        title: Text('demo'),
      ),
      body: Container(
        padding: const EdgeInsets.all(16),
        child: Row(
          children: [
            Icon(Icons.brightness_1),
            Flexible(  //ここ
              child: Text(
                "abc",
                style: TextStyle(
                  fontSize: 18
                ),
              ),
            ),
            Text(
              '19:00',
              style: TextStyle(
                  fontSize: 18
              ),
            )
          ],
        )
      )
  );
}

ちなみにExpandedかFlexibleがないと文字列が長い場合に"RenderFlex overflowed ..."になってしまいます。Textにoverflowプロパティを設定するだけではだめです。



まとめ


残った領域で

・子Widgetを最大化 → Expanded

・子Widgetの大きさに合わせて可変 → Flexible

最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png