[Flutter/dart] Firebase Messagingのテスト送信をする


概要

Firebase Messagingを使用する場合、自分のデバイスにテスト送信をするかと思います。

少し手間取ったのでやり方をまとめておきます。



方法

テストメッセージの送信方法


テストメッセージはfirebaseのコンソールのCloud Messaging > 通知の作成で作成します。

「通知のタイトル」と「通知テキスト」を適当に入力し、右側の「テストメッセージを送信」をクリックします。すると、FCMトークンを入力する画面が表示されます。ここに自信のデバイスのトークンを入力すると、そのデバイスのみにメッセージを送信できます。






tokenを取得する


以下にdartでトークンを取得する方法を記します。この処理をアプリ立ち上げ時に実行し、そのデバイスのトークンを取得します。


import 'package:firebase_messaging/firebase_messaging.dart';

final messaging=FirebaseMessaging.instance;
String _token=await messaging.getToken();

この値を先のコンソールで入力し、メッセージを送信します。



注意点


デフォルトの仕様ではアプリが立ち上がっていると通知は来ません。

確認のためには一旦アプリはバックグラウンドにしましょう。

(僕はこれに気づかず随分無駄な時間を過ごしました。)



最後に

ある条件を満たす特定のユーザにのみメッセージを送信する、という使い方も考えられますが、この場合も上記の手法で一度tokenを取得する必要があります。

最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png