[Flutter/dart] local_notificationで毎月の定期的な通知をする


概要


flutter_local_notificationというライブラリを使用すると、定期的な通知を簡単に作ることができます。ただし、このライブラリで提供されているのは、毎日と毎週の定期通知のみで、毎月の定期通知を作るメソッドは用意されていません。

そこで、毎月決まった日に通知を送る方法を紹介します。



方法


あまりクールな解決策ではないですが、「1回きりの通知を何ヶ月分も作る」ことでなんとかなります。例えば、毎月1日に通知を送信したければ、1月1日、2月1日、3月1日の通知を作成し、1月1日以降でアプリが起動したら4月1日分を作る、といった具合です。(3ヶ月間1度もアプリが開かれなければ4月1日の通知は作成できませんが、それはもうそのアプリは使われていないので気にしないでしょう)


for (int i=0; i<3; i++) {
    
    int _id=i;
    DateTime _date= DateTime(2021, i+1, 1, 19, 0);
    
    await flutterLocalNotificationsPlugin.schedule(
      _id, 'title', 'content', _date, platformChannelSpecifics);
}
//flutterLocalNotificationsPlugin, platformChannelSpecificsのインスタンス作成処理は省略

注意点としては、idは別にしておかないと最後の通知しか来なくなる(1つのidで1つの通知)ので、idは分けましょう。

また、処理がかなり重くなるので、通知作成は別isolateで行いましょう。その際はflutter_isolateを使うようにしてください(local_notificationはplatform_channelを使う処理なのでcomputeメソッドは使えません)。flutter_isolateの使い方はこちら


年を跨ぐ場合は_dateの生成も変えないといけないとか毎月30日だったら2月はどうするのとか細かい問題はありますが大まかな指針としてはこんな感じです。あとはご自身のアプリケーションに応じて適用してください。



最後に


毎月決まった日に通知を送る、というのはそれなりの需要があると思うんですよね。例えば今月の成果を確認するとか、毎月23日発売の月刊紙を買うことのリマインダとか。できれば公式で対応してほしいな、、、

最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png