[Flutter]Reduxでsharedpreferenceからデータを読み込む

概要


flutterでスマホアプリを作っている。状態管理にはReduxを使用。アプリを切っても保持したいデータはsharedpreferenceに保存する。前回書き込みについて書いたので、今回は読み出しについてまとめる。


やり方


1. 保存する状態


以下のクラスを保存する。

class Item{
   String name;
   int id;
}
class AppState{
   List<Item> items;
}

2. 各classにjsonから読み込むコンストラクタを作成

Item.fromJson(Map json){
  id=json['id'] as int;
  name=json['name'];
}
AppState.fromJson(Map json){
    items=(json['items'] as List).map((m)=> Item.fromJson(m)).toList()
}

書き込みの場合と同様メンバにクラスインスタンスが含まれる場合は、そのクラスにもfromJson()コンストラクタを用意しておけば良い。



3. sharedpreferenceから読み出すメソッドを追加

Future<AppState> loadFromPrefs() async{

  SharedPreferences prefs=await SharedPreferences.getInstance();
  var string=prefs.getString('itemState');
  if (string!=null){
    Map map=json.decode(string);
    return AppState.fromJson(map);
  }
  return AppState.InitState();
}

非同期にデータを読み込み、awaitで終了を待機する。



4. actionを追加


sharedpreferenceからstoreにデータを読み込むLoadItemActionと、storeからデータを読み出すGetItemActionを追加する。

class LoadItemAction{

  final List<Item> items;
  LoadItemAction(this.items);
}

class GetItemAction{}

LoadItemActionでは、storeに保存するためにsharedpreferenceから持ってきたデータを引数として持たせる。GetItemActionはstoreのデータを取り出すだけなので引数はなし。



5. reducerを追加

List<Item> ItemsReducer(List<Item> items, action){

        //略
    if (action is GetItemAction){
      return items;
    }
    if (action is LoadItemAction){
      return action.items;
    }  
}

LoadItemActionでは引数として渡されたデータを返し、GetItemActionではstoreから取り出したデータをそのまま返す。



6. middlewareを追加


sharedpreferenceから読み出すメソッドはmiddlewareに追加する。

void AppStateMiddleWare(Store<AppState> store, action, NextDispatcher next) async{

  if (action is GetItemAction){
    await loadFromPrefs()
        .then((state) =>
        store.dispatch(LoadItemAction(state.items)));
  }

  next(action);
}

sharedpreferenceからの読み込みをawaitで待って、完了したらLoadItemActionの引数に渡してstoreに保存。その後、GetItemAction(next(action))でstoreから呼び出される。



終わりに


注意したいのは、このsharedpreferenceから読み出すメソッドは非同期メソッドであるということ。データの読み出しが終わる前に本スレッドの方の動作が進まないよう注意する(もしくは進んでもいいように設計する)。(また別記事で書きたい)

最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png