flutter_isolateは何をしているのか


概要


flutterの重い処理は別のisolateで行うとアプリの動作を軽くできますが、androidやios固有のコードを利用する処理(通知やセンサ情報の取得など)は別isolateではできません。

それを可能にしてくれるライブラリがflutter_isolateです。

このライブラリの中身がどうなっているのか調べてみました。



なぜ別isolateでplatform固有の処理が行えないのか


platform固有の処理を行うためにはMethodChannelを作成し、platform固有の処理を呼び出します(参考)。この時の通信(呼び出す関数の種類や引数の受け渡しなど)がmainのisolateからしか行えないような仕様になっているみたいです。(参考


Flutter公式ページより


なぜflutter_isolateは別isolateでplatform固有の処理ができるのか


じゃあflutter_isolateはどうしているのかというと、別isolateを作るのではなく、dartコードの実行環境を丸ごと別で作っているらしい。



処理の概要


処理の概要は以下の通りです。


1 各platform側で新しいDart実行環境を作成

2 新しい環境と最初の環境間の通信を確立

3 最初の環境が持っている、実行するメソッドの情報を貰い、新しい環境で実行



詳細:Dart実行環境の作成


flutter_isolateのspawn()が実行されると、android、iOSそれぞれのplatformとのMethodChannelが作成され、各platform側でFlutterEngineのインスタンスが作成されます。このFlutterEngineというのがDartを実行できる環境です。


flutter_isolate.dart

static Future spawn<T>(void entryPoint(T message), T message) async {
  //略
  _control.invokeMethod("spawn_isolate", {
    "entry_point":
        PluginUtilities.getCallbackHandle(_flutterIsolateEntryPoint)
            .toRawHandle(),
    "isolate_id": isolateId
  });  //①
  return isolateResult.future;
}
//略
static final _control = MethodChannel("com.rmawatson.flutterisolate/control");

①で各platform側の対応処理が呼び出されます


FlutterIsolatePlugin.java

public void onMethodCall(MethodCall call, Result result) {
    if (call.method.equals("spawn_isolate")) {

        IsolateHolder isolate = new IsolateHolder();
        isolate.entryPoint = call.argument("entry_point");
        isolate.isolateId = call.argument("isolate_id");
        isolate.result = result;

        queuedIsolates.add(isolate);

        if (queuedIsolates.size() == 1) // no other pending isolate
            startNextIsolate();

    } 
    //略
}

android側の処理です。startNextIsolate()で環境設定が行われます。


FlutterIsolatePlugin.java

private void startNextIsolate() {

    IsolateHolder isolate = queuedIsolates.peek();

    FlutterMain.ensureInitializationComplete(context, null);

    if (flutterPluginBinding == null)
        isolate.view = new FlutterNativeView(context, true);
    else
        isolate.engine = new FlutterEngine(context); 
        //② Dart環境の構築

    //③実行する関数の情報を取得
    FlutterCallbackInformation cbInfo = FlutterCallbackInformation.lookupCallbackInformation(isolate.entryPoint);
    FlutterRunArguments runArgs = new FlutterRunArguments();

    runArgs.bundlePath = FlutterMain.findAppBundlePath(context);
    runArgs.libraryPath = cbInfo.callbackLibraryPath;
    runArgs.entrypoint = cbInfo.callbackName;

    if (flutterPluginBinding == null) {
        //略
    } else {
        isolate.controlChannel = new MethodChannel(isolate.engine.getDartExecutor().getBinaryMessenger(), NAMESPACE + "/control");
        isolate.startupChannel = new EventChannel(isolate.engine.getDartExecutor().getBinaryMessenger(), NAMESPACE + "/event");
    }
    //④Flutter側に情報を送るチャネルを設定
    isolate.startupChannel.setStreamHandler(this);
    isolate.controlChannel.setMethodCallHandler(this);
    if (flutterPluginBinding == null) {
        //略
    } else {
        DartExecutor.DartCallback dartCallback = new DartExecutor.DartCallback(context.getAssets(), runArgs.bundlePath, cbInfo);
        isolate.engine.getDartExecutor().executeDartCallback(dartCallback); //⑤dart関数を実行
    }
}

flutterPluginBindingというのはプラグインが導入された時に導入先の実行環境などが設定される変数のようですが、これがnullになるのはどういう場合なのかいまいち分からないので今回は省略します。


②で新たにDart実行環境であるFlutterEngineを作成しています。

③では新しく作ったFlutterEngineで実行する関数の情報を取得しています。この場合は①でinvokeMethodの引数に渡した_flutterIsolateEntryPointのことです。

④ではFlutter側に情報を送るための設定をしています。

⑤でdart関数(_flutterIsolateEntryPoint)を実行します。


さらに、④の続きで、Flutter側に情報を送る設定をします。

@Override
public void onListen(Object o, EventChannel.EventSink sink) {

    IsolateHolder isolate = queuedIsolates.remove();
    sink.success(isolate.isolateId); 
    //⑥ Flutter側にisolateIdを送る
    sink.endOfStream();
    activeIsolates.put(isolate.isolateId, isolate);

    isolate.result.success(null);
    isolate.startupChannel = null;
    isolate.result = null;

    if (queuedIsolates.size() != 0)
        startNextIsolate();

}

④でEventChannel(変数名はstartupChannel)に設定したStreamHandlerのonListenイベントを実装します。⑥でFlutter側にisolateIdが送られます。

(onListen()で受け取ったsinkをローカル変数に保存し、後ほど任意のタイミングでFlutter側に送信するのが本来の使い方ですが、ここでは情報を送信することだけが目的なのですぐに送り返しています(参考))


このようにして作られたFlutterEnginで_flutterIsolateEntryPointが実行されます。これはすぐさま別のメソッドを呼び出します。


flutter_isolate.dart

void _flutterIsolateEntryPoint() => FlutterIsolate._isolateInitialize();

_isolateInitializeでは、所望のメソッドの情報を最初の環境から受け取り、新たな環境で実行します。


以下詳しく見ていきましょう。


詳細:元の環境から実行するメソッドの情報を取得し、実行


flutter_isolate.dart

static Future spawn<T>(void entryPoint(T message), T message) async {
  final userEntryPointId =
      PluginUtilities.getCallbackHandle(entryPoint).toRawHandle();
  final isolateId = Uuid().v4();
  final isolateResult = Completer<FlutterIsolate>();
  final setupReceivePort = ReceivePort();

  IsolateNameServer.registerPortWithName(
      setupReceivePort.sendPort, isolateId); //⑦ Portを開設
  StreamSubscription setupSubscription;
  setupSubscription = setupReceivePort.listen((data) {
    final portSetup = (data as List<Object>);
    SendPort setupPort = portSetup[0];
    final remoteIsolate =
        FlutterIsolate._(isolateId, portSetup[1], portSetup[2], portSetup[3]);

    setupPort.send([userEntryPointId, message]);
    // ⑩ 新しい環境にメソッドの情報を送信

    setupSubscription.cancel();
    setupReceivePort.close();
    isolateResult.complete(remoteIsolate);
  });
  _control.invokeMethod("spawn_isolate", {
    "entry_point":
        PluginUtilities.getCallbackHandle(_flutterIsolateEntryPoint)
            .toRawHandle(),
    "isolate_id": isolateId
  });
  return isolateResult.future;
}

static void _isolateInitialize() {
  WidgetsFlutterBinding.ensureInitialized();
  window.onPlatformMessage = BinaryMessages.handlePlatformMessage;

  StreamSubscription eventSubscription;
  eventSubscription = _event.receiveBroadcastStream().listen((isolateId) {
  //⑧FlutterEngineからisolateIdを受け取る
    _current = FlutterIsolate._(isolateId, null, null);
    final sendPort = IsolateNameServer.lookupPortByName(_current._isolateId);
    final setupReceivePort = ReceivePort();
    IsolateNameServer.removePortNameMapping(_current._isolateId);
    sendPort.send([
      setupReceivePort.sendPort,
      Isolate.current.controlPort,
      Isolate.current.pauseCapability,
      Isolate.current.terminateCapability
    ]); //⑨ 最初の環境にこちらのportを送信
    eventSubscription.cancel();

    StreamSubscription setupSubscription;
    setupSubscription = setupReceivePort.listen((data) {
      final args = data as List<Object>;
      final int userEntryPointHandle = args[0];
      final userMessage = args[1];
      Function userEntryPoint = PluginUtilities.getCallbackFromHandle(
          CallbackHandle.fromRawHandle(userEntryPointHandle));
      setupSubscription.cancel();
      setupReceivePort.close();
      userEntryPoint(userMessage); //11 実行 
    });
  });
}

ここからはspawn()と_isolateInitialize()を行き来します。


まず初めに⑦で最初の環境側で通信用のポートを開設し、IsolateNameServerに登録します。これで他の環境やisolateから名前(今回はisolateId)でポートを検索できます。


時系列では次に新たな環境で_isolateInitialize()が実行されます。⑧でEventChannelのlistenを行うと、⑥で設定したonListen()イベントが発火し、platform側からisolateIdを受け取ります。(これは元々①で最初の環境からplatform側に渡していたものです)


上でも説明したように、platform側はすぐにisolateIdを送り返してきて、listen()の中が実行されます。

新しい環境でも通信用Portを開設し、platformから送られてきたisolateIdで最初の環境のPortを探し、こちらのPortを送信します。(⑨)


そうすると、spawn()で設定したデータ受信後のイベントが走ります。ここでは受け取った新しい環境のPortにspawn()が引数として受け取った、実行したいメソッドの情報を送り返します。(⑩)


そしてようやく新しい環境で所望のメソッドが実行されます(11)


通信の部分を図にまとめると以下のようになります(アドレスというのはあくまで比喩表現です)



最後に


この記事一つ書くだけでMethodChannelやらReceivePortやらFlutterEngineやら色々勉強できました。

これからもこういう研究は続けていきたいですね。



参考文献


Futures - Isolates - Event Loop

Unable to call a platform channel method from another isolate #13937#issuecomment-356914096

Unable to call a platform channel method from another isolate #13937#issuecomment-667459647

Flutter EventChannel APIの使い方

Adding a Flutter screen to an iOS app

Interface FlutterPlugin

FlutterEngine

Writing custom platform-specific code


最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png