top of page

[Flutter/dart] local_notificationで毎月の定期的な通知をする

概要 flutter_local_notificationというライブラリを使用すると、定期的な通知を簡単に作ることができます。ただし、このライブラリで提供されているのは、毎日と毎週の定期通知のみで、毎月の定期通知を作るメソッドは用意されていません。...

[Flutter/dart] local_notificationで通知タイトルを太字にする

概要 flutterのlocal_notificationというライブラリを使うと、簡単に通知を作ることができます。今回は、local_notificationにおいて通知タイトルを太字にする方法を紹介します。基本的な使い方は公式サイトをご参照ください。 方法 iosの場合...

[Flutter/dart] flutter_isolateの使い方

概要 操作を軽快にするために重い処理を別のisolateで走らせたいことがあります。基本的にはcomputeメソッドを使えばいいのですが、android、iosの各platform固有のコードを利用する処理の場合はcompute関数は使えません。具体例としては、local_...

[Flutter/dart] Redux Storeの状態を保存する/redux_persistの使い方

概要 ユーザの設定したデータをアプリ終了後も保持したい場合が多々あります。状態管理にreduxを用いている場合はredux_persistというライブラリを使えば簡単にデータを永続化できます。 方法 ※flutter_reduxはすでに導入されているという前提でお話します。...

[flutter/dart]スマホアプリとLINEを連携する

概要 前回はurlスキームを使ってアプリからtwitterを開く手法を紹介しました。今回はLINEを開く手法を紹介します。 方法 flutterでurlスキームを利用する方法についてはこちらをご参照。 LINEのurlスキームはこちらに情報があります。...

[flutter/dart]スマホアプリからTwitterのDMページを開く

概要 flutterでスマホアプリを作成する際、他のアプリを直接開きたい場合があります。今回は、Twitterの特定のアカウントを開く方法と、DMページを開く方法を紹介します。 方法 url_launcherパッケージを使用します。このパッケージのlaunch()メソッドの...

[Flutter/dart]urlスキームで日本語を含んだページを開く

概要 dartのurl_launcherパッケージを使うと、スマホアプリからwebページや、他のアプリを開いたりできる。ただし、開こうとしているアドレスが日本語を含む場合は事前にエンコードしなければならない。 詳細 まずはパッケージをインストール import...

bottom of page