[Flutter/dart] firebaseを開発環境と本番環境で分けてgoogle_sign_inを使用する(Android)


概要


firebaseを使用している場合、開発用の環境と本番用の環境を分けたいですよね。

Flutterの場合は基本的にはこの記事を見て設定してもらえばいいのですが、Androidのgoogle_sing_inで躓きました。



詳細


開発用と本番用2つのfirebaseプロジェクトを作成し、デバッグモードで起動します。すると、google_sign_inで以下のエラーが出ます。


Unhandled Exception: PlatformException(sign_in_failed, com.google.android.gms.common.api.ApiException: 10: , null, null)


これは、google_sing_inでは(firebaseでは?)アプリケーションid(com.***みたいなやつ)とSHA1フィンガープリントの組み合わせは重複できないためです。

(詳細はここを参照してください。ただし、ここに書いてある対策をしてもエラーは治りませんでした。)



対応案


対応案としては、デバッグモードの時はアプリケーションidを変更しましょう。

/android/app/build.gradleに以下のように記述します。


defaultConfig {
    applicationId "com.xxx.yyy"
    ・・・
}
buildTypes {
    debug {
        applicationIdSuffix ".debug"
    }
    ・・・    
}

また、/android/app/src/debug/google-service.jsonも以下のように修正します。


"client": [
  {
    "client_info": {
      ・・・
      "android_client_info": {
        "package_name": "com.xxx.yyy.debug"
      }
    },

ここを修正しないと

Execution failed for task ':app:processDebugGoogleServices'.

> No matching client found for package name 'com.xxx.yyy

というエラーが出ます。


以上の対策をすると無事googleでサインインできました。

最新記事

すべて表示

現象 flutter_local_notificationを使って通知を作成。通知タップ時の動作も登録。 通知が来た時にアプリが立ち上がっている(foregroundでもbackgroundでも)と、期待通りの動作となる。 しかし、通知が来た時にアプリが終了していると、通知をタップしても登録した動作とならない。 原因と解決策 アプリが終了すると登録した動作は消えてしまうらしい(参考)。 Note:

概要 Firebase Messagingでメッセージを送信し、通知がタップされたら何らかの動作を実行する(例:特定のページに移動する)という場合は多いかと思います。 通知タップ時にアプリがforeground状態(つまりアプリを開いている)ならば簡単なのですが、アプリがbackground状態にある場合は少し工夫が必要です。 方法 FirebaseMessaging.onBackgroundMe

現象 FirebaseMessaging.onBackgroundMessage()でタイトルのエラーが発生。 原因と解決策 上記メソッドの引数に渡すデリゲートはトップレベル関数でなければならない。自分の場合はインスタンスメソッドを渡していたのでエラーとなった。 渡すメソッドをトップレベル関数にするとエラーは解消した。 @main.dart void main() async{ //略 F

靴を大切にしよう!靴管理アプリ SHOES_KEEP

納品:iPhone6.5①.png

靴の履いた回数、お手入れ回数を管理するアプリです。

google-play-badge.png
Download_on_the_App_Store_Badge_JP_RGB_blk_100317.png

テーマ日記:テーマを決めてジャンルごとに記録

訂正①2040×1152.jpg

ジャンルごとにテーマ、サブテーマをつけて投稿、記録できる日記アプリです。

google-play-badge.png